ちがさき市民オンブズマン

茅ヶ崎の「道の駅」は謎だらけ、オンブズマンから15の質問

平成26年8月23日、「道の駅基本計画」について、ちがさき市民オンブズマンの要望で、学び講座が行われました。これから建設予定となる茅ヶ崎市の「道の駅」について、多数の質問や意見がありました。特に、以下の4点です。 ★住民の声を反映する「市民…

議員の不合理な反対理由とは? 条例直接請求 

「茅ヶ崎市災害対策基本条例」制定を求めて 平成28年11月11日から始まった署名運動の結果、1か月間で9436人の署名が集まりました。市の選挙管理委員会が有効署名数の確認をした結果、有効署名人数は8912人となりました。請求が認められるため…

「茅ケ崎市 災害対策基本条例」を直接請求! (part-1)

「茅ヶ崎市 災害対策基本条例」の直接請求について、ちがさき市民オンブズマンは、『広報誌・かながわ市民オンブズマン』に記事を寄稿しました。広報誌:第131号Part-1では条例請求の理由を、Part-2ではその後の経過をお伝えします。 開発から市民の安全を守…

ちがさき市民オンブズマン 「政務活動費と地域のボス」 

ふぅがわるいで、政務活動費! 2016年9月24日、25日、高松市で開かれた「全国市民オンブズマン香川大会」に、ちがさき市民オンブズマンも参加しました。メインテーマは「ふぅがわるいで、政務活動費!」「ふぅがわるいで」は現地弁で「格好悪いぞ」という意…

3者合意の無効を求める「要望書」について 、県・財産経営課と市長からの回答

茅ヶ崎ゴルフ場の緑を開発から守ろう! 民主主義に反する3者合意 〈地方自治法第2条〉では、*地方公共団体は、法律に違反してその事務を処理してはならない*前項の規定に違反して行った地方公共団体の行為は、これを無効とする と定めています。 茅ヶ崎…

違法な会議について オンブズマンから「議長」への質問と回答

なぜ、議会は違法な会議を見過ごしてきたのか? 現在、茅ヶ崎市では、違法に設置された会議で堂々と基本計画が策定され、実行されています。なぜ、このような会議が次々と設置されてしまうのでしょう?それは、行政への「議会のチェック機能」が働いていない…

「ちがさき市民オンブズマン」が、黒岩県知事に提出した要望書

茅ヶ崎市は違法な会議で作った「基本計画」を、住民の声として県に提出しました。 違法な計画にもとづいた3者合意は無効であり、民主主義に反したものとして、県知事に白紙を求める要望書です。 平成28年1月11日 神奈川県知事 黒岩祐治 殿 ちがさき市…

いったい、いくつあるの? 茅ヶ崎市が違法に作った会議 

「地方自治法に違反した会議」という判断 平成27年12月11日。市が要綱で設置した「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」について、茅ケ崎市監査委員は、「本来は条例に基づく設置が必要。地方自治法に違反する」との監査結果を公表しました。また、こ…

2016/1/2 茅ヶ崎住人に知らされていない事実

違法な会議による「茅ヶ崎ゴルフ場の利活用の基本計画」 どんな内容で話されているのかは、いっさい住民に知らせず、都合の良い有識者会議を開いて素案を決め、それをもとに本案を作ってしまう・・・これが今の茅ヶ崎市のやり方です。 2015年12月11日、「134…

「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」は違法! 住民監査請求

茅ヶ崎市監査委員が「違法」の判断 2015年11月11日に発足した、ちがさき市民オンブズマン。その時、すでに住民監査請求中だった「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」について、12月11日、茅ヶ崎市監査委員は「会議は違法である」とい…

ちがさき市民オンブズマンの発足に寄せて

2015年11月11日、茅ヶ崎にオンブズマン誕生! ハスキーズギャラリーで発足会が開かれました! かながわ市民オンブズマン代表幹事の綾部さん、応援してくださる市民の方々、報道からは読売新聞、東京新聞、フジテレビ、神奈川新聞の取材も受けました。☆神奈川…

ちがさき市民オンブズマンが誕生! 

2015年11月11日(水) ちがさき市民オンブズマンが誕生しました!★ombudsmanオンブズマンって、少し変わった呼び名です。実は、オンブズマンはスウェーデン語。市民オンブズマンは、「市民の立場から行政や議会などを監視しよう」 という目的で活動する市民…