ちがさき市民オンブズマンが誕生! 

2015年11月11日(水)

ちがさき市民オンブズマンが誕生しました!

オンブズマンって、少し変わった呼び名です。
実は、オンブズマンはスウェーデン語。

★ombudsman

市民オンブズマンは「市民の立場から行政や議会などを監視しよう」
という目的で活動する市民団体です。 

かながわ市民オンブズマンをはじめ、よこはま、かわさき、さがみはら、かまくら、葉山、松田などがあり、このほど、茅ヶ崎にも誕生しました。

f:id:Merimaa88:20151111203933p:plain


★市と市民の情報共有(情報公開)
★市政への市民参加
★市の説明責任

このどれが抜けても、民主的な市政は保てません。

茅ヶ崎市民オンブズマンは、これらに関連する行政と議会活動のチェックを行っていきます。

また、市や議会の不正、不当な行為や税金のムダ使いを監視。

「最小コストで最大効果のある、茅ヶ崎市の行政サービス」を求めていきます。

お茶して市政を話そう!

★Fika

フィーカ、これもスウェーデン語です。

北欧ブームで、すっかりお馴染みになりました。
仕事中でも家にいても、街で買い物中でも山でハイキング中でも、北欧では、人々の日課になっているコーヒーブレークのこと。

「フィーカのない生活なんて考えられない」というほど、シナモンロールなど甘いものといっしょに、お茶を楽しみます。

マグカップ片手におしゃべりしながら、

「ちがさき市の税金の使い方、ぜったいおかしいよね。」
「なんで茅ヶ崎では、子育てがしにくいの?」
「またハコモノ建てるけど、必要なの?」

そんなことを、お茶のノリで話し合えたらと思います。

そのために、オンブズマンからの記事を中心にして、市政に詳しい市民の人たちからも、読んでるうちに知識もついて、市の現状が分かっていくようなコラムや読み物を、このブログにアップしてもらうことにしました。


f:id:Merimaa88:20151111222151j:plain

さて、さて、どんな話になるでしょうか?

Ska vi fika?
お茶しませんか?


chigasaki-fika.hatenablog.jp