ホノルルに行く予算を取った茅ヶ崎市議会 

手みやげ代まで入っている予算

平成26年度、茅ヶ崎市役所に寄せられた、市民からの苦情をまとめた資料によると、最も苦情が多かったのが、「ホノルル姉妹都市提携」についてでした。 

市民からの苦情内容を、議会は取り上げるどころか、茅ヶ崎市議会は議員がホノルルに行く予算として、413万8000円を取っています。

平成27年度は「ホノルルに9名分の議員が派遣される」ことになっています。 

議長が2回、議員7名が、ホノルルを訪問するための予算です。


f:id:Merimaa88:20151114231731j:plain


しかし、この予算の内訳を見て、驚きませんか?・・・

旅費が1名につき21万円、
これにプラスして日当が2万5千円、
さらに、支度料が3万9千円支給されるので、一人合計27万4千円です 。

それから、現地車賃として15万 × 2回で30万円。

現地での通訳費用が70万円。

また、議員だけでなく市職員2名(議会事務局)の旅費も含まれています。 

さらに、交際費として

表敬訪問みやげ代  5000円 × 10人分
歓迎レセプション費用  5000円 × 10人分
ホノルル市関係者への記念品代  5000円 ×10人分
現地レセプション費用  4000円 × 10人分

こういった費用を頭割りすると、1名40万円相当のホノルル旅行になります。

議員は28名なので、すべての議員を派遣するには1655万円の税金がかかることになります。

何となくとっておいた予算??

「交流費として予算を取ったのであって、ホノルルへ行くと決まった訳ではない」と言っていた議員もいました。

もしそうなら使い道を決めてない状態で、予算だけ取ってしまえる議員は、必要ありません。

こういった使途不明の予算をチェックするのが、議員の仕事なのです。


7名の議員の選出方法も不明、訪問・視察の目的や理由も不明。

なぜホノルルに行くのか、理由を市民に説明できない状態でも予算が取れてしまうのです。

事務局も「一応予算はとったものの、明確な目的はなく、何となく取っておいたが、まだ渡航すると決まったわけではない」と回答。
 
実は、議員は予算の請求ができません。

ですから、市長に予算を要求して(予算要求書)、出てきた予算を議会が可決する(承認する)という手順になります。

自分たちで出した予算を、自分で可決するわけですね。

議員がホノルルへ行くことに反対した議員は、4名います。

あとの議員24名は、この内訳の予算を問題ないとして可決しています。


☆議員がホノルルへ行く予算に反対した議員
 岸 高明、松島幹子、新倉真二、花田慎

★予算に賛成した(ホノルルへ行く)議員 

 岸 正明 
 水島 せいじ 
 海老名 けんたろう  
 柾木 太郎
 いとう 素明
 白川 しず子 
 中尾 ゆたか 
 こいそ 妙子
 青木 ひろし
 長谷川 由美  
 やまざき 広子  
 ひろせ 忠夫
 滝口 友美  
 ながせ 秀子  
 たかはし 輝男  
 小島 かつみ   
 岩田 はるみ  
 岡崎 進   
 千葉 しげる  
 山田 えつこ
 和田 清
 早川 ひとみ  
 西田 淳一  
 よしかわ 和夫