読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茅ヶ崎市議会「新湘風クラブ」は公約違反に敬意を表するのですか?

茅ケ崎市議会会派「新湘風クラブ」会派通信(4月22日)より

f:id:Merimaa88:20160429220748j:plain

「新湘風クラブ」会派通信 | 茅ヶ崎 | タウンニュース

中核都市移行について

服部市長の施政方針の中で「平成30年を目標に中核市に移行する」とした件については、財政面や人材確保、制度改正等の可能性を考慮して期限の明言を避けるべきと提案し、市長答弁で「期限未定」とする異例の変更となりました。

「移行目標年度を平成30年に限定せずに身の丈にあった臨機応変な判断を」
との同会派代表質疑に対して、
市長が「固執しない」との判断を示したことに敬意を表しています。


ちょっと待ってください。

市長は同会派の支持母体の自民党から、「四選出馬はしない」との公約を破って出馬しました。

「やり残した中核都市への移行をやり遂げるため」というのがその理由でした。


当初から財政面や職員の手当てが不明確で、問題を抱えている公約であることは明らかでありながら、同会派も承知の上でこの公約を認めて市長を支持したはずです。

この期に及んで問題を指摘する同会派代表の質問も不自然であり、いとも簡単に公約を破ろうとしている市長に対し敬意を表すことも不自然です。

自己満足、自己PRにしか映りません。

昨年パブリックコメントを行った「中核市への移行に関する基本的な考え方(素案)」の中でも、平成30年度に中核市に移行する市長の考えは示されています。

これに対して、市民の意見の多くは、財政負担を懸念して、次期尚早、或いは慎重な対応を求めています。


パブリックコメントに対する市の回答では、市民の懸念には耳を貸そうとはしなかったにも拘わらず、同会派の代表質問で公約を破ろうとしている市長は、市民軽視、公約軽視と言わざるを得ません。

市長がすべきことは、期限を平成30年度とし、市長在任中に中核都市への移行につき決着をつけるべきです。

移行しないことも選択肢の一つです




子育て支援について

「小児医療費の対象拡大は評価する。以前から段階的な対象拡大を要望してきた。
他会派から小児医療費の対象を29年度までに少6まで拡大する旨の付帯決議は、財源の根拠が全く示されなかったので反対。」との趣旨の報告があります。


数年かけて段階的、あるいは平成29年度までに拡大するのも時期的に違いはあっても、方向性は基本的には同じであり、同会派が主張する通り財政の裏付けが必要です。
市の財政状況からすれば、無いものねだりをするのは無理があります。


こども医療費の対象を拡大するためには、市債やPFIなどの将来負担を増やすか、現行の人件費などの経費削減、或いは他の事業への予算配分を削減するしか方法はありません。

茅ケ崎市議会基本条例第14条では「議会は。市政に関する重要な政策又は課題について、議会としての共通認識の醸成を図るため、討議の機会を設ける」と定めています。

こども医療費の対象拡大に反対する会派はないでしょう。

議会として財政手当てについて知恵を絞り、共通認識の醸成を図ることを望みます。

市民が期待する議会改革とは単に議員数を削減することだけではなく、このような議会活動を通じた議会活性化にあるのです。

(ちがさき市民オンブズマン)

★「なぜ、議会は違法な有識者会議を見過ごしてきたのか?」
という問いに対しては、個々の議員からはひとりも返答がありませんでした。
これは、市民にたいして返答はないのと同じ意味です。

★ホノルル市議会の議長を茅ヶ崎に迎えた際には、何度も集まっては、日程表を作り、歓迎会の席次表を作り、誰が司会をするかまで議員は熱心に話合いました。
しかし、肝心な市民の重要な案件や問題については、議員が討議するのを聞いたことがありません。


chigasaki-fika.hatenablog.jp

chigasaki-fika.hatenablog.jp