読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホノルルウィークの茅ヶ崎 命の現場での約束 市長は守らない

情報公開は重要です 

ホノルル姉妹都市調印の翌日の事故

2014年10月24日、ホノルルで調印式が行われ、茅ヶ崎市はホノルル市の28番目の姉妹都市になりました。

しかし、その翌日の早朝、ワイキキ海岸で茅ヶ崎副市長のサーフィン中の死亡事故が起こってしまい、その後、記者会見での市長の状況説明が二転三転しました。

市民やマスコミに対して、情報が正確に公開されないことから、混乱を招いた事態に発展していきました。

その年の12月、「市民に向けての市長のコメント」が茅ヶ崎市のHPに掲載されました。


★全文はこちらから
木村副市長の事故死について(平成26年12月1日)|茅ヶ崎市




市長の市民への約束とは?

「市民のみなさまこんにちは、市長の服部です。・・・」

という挨拶ではじまるコメントの文章。

市民集会などでよく聞く市長の答弁、流れるようにペラペラと言葉が出てきますが、その言葉はどこまで信頼に値するのか・・? と思わせる、いつもの口調を連想させます。


内容としては、市長の対応が混乱を招いたことへのお詫びと、責任を明らかにするため、市長の1月分給料を半分に減額するなどの報告。

★そして重要なのは、今後については、以下の2点を市民に約束したことです。

正確な事実関係を速やかに公表することが、市の責務であることをより大切にする

市民の皆さまとの情報共有、市政の透明性の確保に努める


そして、お詫び文は次のようにしめくくられています。

「公務出張中であるにもかかわらず、このような事故を起こしてしまったことに対し、改めて深くお詫び申し上げるとともに、引き続き市政の混乱や市民サービスの低下を招くことのないよう、職員一丸となってこの難局に取り組んでまいります。」


f:id:Merimaa88:20160802011020j:plain
 

しかしながら、その後は実際にどうだったのだろう? 


約束は守られるどころか、まっしぐらに後ろ向きの状態だ。


*「柳島スポーツ公園」の議事録がない
ホノルル調印式前の入札で、75億で亀井工業ホールディングスの落札が決定した「柳島スポーツ公園」。
この入札結果の透明性を、市民に説明できる議事録が存在しない。


*市民に公表せずに、違法な有識者会議を次々と設置

chigasaki-fika.hatenablog.jp

同様に、違法に設置された会議は 

*豊かな長寿社会に向けたまちづくり有識者会議
*豊かな長寿社会コンソーシアム
*新しい公共円卓会議(公平性に欠けるという理由で休止)
など、多数存在する。


*市民の理解を得られたのか?
確認なしに強行した「まちぢから協議会」
確認なしに強行した「道の駅」など


*住民の意見を聞かない
「茅ヶ崎公園」テニスコート整備とハコモノ建設


*もはや、後だしジャンケン 
形だけと化したパブリックコメント


*市民に分かりやすく説明する視点はない
「総合計画第3次実施計画」などの資料


*市長と職員に守られない「市民参加条例」「自治基本条例」


一方的で意味の分からない理由で市が解散させた
市民団体「エコワーク」との協働事業


*広域避難場所の安全面積について、市長から住民へ説明のない
「茅ヶ崎ゴルフ場」開発問題

chigasaki-fika.hatenablog.jp



*監査委員から違法と判定されても、なお「会議は違法だが、会議で決めたことは違法でない」
という、訳の分からない市長の説明。

市民からすれば、「万引きは違法だが、取ってきたものは自分のものにしていい」と言われているようなもの。


「正確な事実関係を速やかに公表すること」が市の責務であることをより大切にしながら、市民の皆さまとの「情報共有」並びに「市政の透明性の確保」に努めてまいります。

これは、ひとりの市の職員の命が失われた責任として、市民との約束として、HPに公開されている。

市長は守れない約束を、市民にしたのだろうか?