茅ヶ崎の「道の駅」は謎だらけ、オンブズマンから15の質問

平成26年8月23日、「道の駅基本計画」について、ちがさき市民オンブズマンの要望で、学び講座が行われました。これから建設予定となる茅ヶ崎の「道の駅」について、多数の質問や意見がありました。特に、以下の4点です。 ★住民の声を反映する「市民参…

トランプ心配してる場合じゃない!? 茅ケ崎市財政 (Part-3)

茅ヶ崎市は裕福というイメージは、実はたいへんな錯覚ということを、Part-2で書いたところ、多くの反響がありました。県外の人のほうが驚くようで、「隣の芝生は青く見える」のでしょうか? 茅ヶ崎市のイメージが先行しすぎていて、実際との格差が大きいこと…

トランプ心配してる場合じゃない!? 茅ケ崎市財政 (Part-2)

一気に回ってきたツケとしわ寄せ 前回の記事では、「ちがさき市民オンブズマン」が危機的な茅ヶ崎市の財政状況を、サラリーマン家庭に例えてみました。 「ええ格好しい」のハコモノ市政のしわ寄せとツケが、ここに来て一気に市民にまわってきてしまった・・…

トランプ心配してる場合じゃない!? 茅ケ崎市財政 (Part-1)

県下で最低レベルとなってしまった、茅ヶ崎市の小学校3年生までしかない子供の医療費補助。昨年12月の茅ヶ崎市議会で、藤村議員が、「財源に制限はあるが、医療費補助を小学校6年生まで引き上げること」を市長に要望しました。市長は、「財源には制限が…

これは非公開の資料だったはず? 不思議なパブコメ  

市民に公開できないとしたはずの資料 平成28年6月6日に、市役所の本庁舎4階・会議室で開かれた 「第1回 茅ヶ崎市景観まちづくり審議会」 市の審議会は、特別な理由がない限り、市民は自由に傍聴ができます。 それから、審議会で委員に配る資料と同じも…

議員の不合理な反対理由とは? 条例直接請求 

「茅ヶ崎市災害対策基本条例」制定を求めて 平成28年11月11日から始まった署名運動の結果、1か月間で9436人の署名が集まりました。市の選挙管理委員会が有効署名数の確認をした結果、有効署名人数は8912人となりました。請求が認められるため…

「茅ケ崎市 災害対策基本条例」を直接請求! (part-2)

かながわ市民オンブズマン広報紙から ちがさき市民オンブズマンが、 「茅ヶ崎市 災害対策基本条例」の直接請求について、かながわ市民オンブズマンの広報紙(第132号)に記事を寄稿しました。★広報誌:第132号 前回のPart-1 に続き、その後の経過について報…

「茅ケ崎市 災害対策基本条例」を直接請求! (part-1)

かながわ市民オンブズマン広報紙から ちがさき市民オンブズマンが、 「茅ヶ崎市 災害対策基本条例」の直接請求について、かながわ市民オンブズマンの広報紙(第131号)に記事を寄稿しました。★広報誌:第131号Part-1では条例請求の理由などを、Part-2ではそ…

ちがさき市民オンブズマン 政務活動費と地域のボス 

ふぅがわるいで、政務活動費! 9月24日、25日、高松市で開かれた「全国市民オンブズマン香川大会」に、ちがさき市民オンブズマンも参加しました。 そのレポートをこちらにも掲載しています。メインテーマは「ふぅがわるいで、政務活動費!」です。「ふ…

第23回 全国市民オンブズマン香川大会に参加して

ふぅがわるいで、政務活動費! 第23回「全国市民オンブズマン香川大会」が、9月24日、25日、高松市のサンポートホール高松で開催されました。全国から250人のオンブズマンが集まり、かながわ市民オンブズマンからの参加者は14人でした。「大会宣…

茅ヶ崎ゴルフ場利活用 何が問題? その6-優先交渉権者の事業提案      

問題点その6 優先交渉権者の事業提案 8月12日に、県と茅ケ崎協同(株)は東京急行電鉄(株)・(株)電通グループを優先交渉権者に選定し、事業者提案の概要(イメージ)を発表しました。詳細な提案内容が分からないと正確なことは言えませんが、「広域…

茅ヶ崎ゴルフ場利活用 何が問題? その5-市の誤算

問題その5 市の誤算 前にも述べたように、市長には茅ケ崎ゴルフ場存続のために、市の税金を使う発想はありません。約300万円のゴルフ場内の市道の占有使用料(実際には市民も使用しています)の免除が精一杯というところです。 しかし、市と県との協議の…

茅ヶ崎ゴルフ場利活用 何が問題? その4-県の誤算

問題その4 県の誤算 県は、茅ヶ崎ゴルフ場を経営してきた観光日本(株)への賃貸料9200万円を、2億円に値上げ要求をしてきており、過去には訴訟にまで至ったことがあります。 県は、2億円を地価に見合った適切な金額としています。 このことが、観光…

茅ヶ崎ゴルフ場利活用 何が問題? その3-広域避難場所の面積

問題その3 広域避難場所の面積 地震火災が起こったら、学校(避難所)に逃げるという多くの人を見かけます。 これは危険な誤解です。 避難するところは、市が町ごとに指定している「広域避難場所」です。学校(避難所)は災害からの危険が去った後に、家を…

茅ヶ崎ゴルフ場利活用 何が問題? その2-市長の対応

問題その2.市長の対応 「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」では、 国道134号線沿いの地域を西、中央、東に3分割して、それぞれの基本計画提案を行いました。 違法な会議で「にぎわいのまち」へ 東の茅ケ崎ゴルフ場周辺地域 茅ケ崎市都市マ…

茅ヶ崎ゴルフ場利活用 何が問題? その1-市長の対応

前回、茅ヶ崎市の池上彰!?とも呼べそうな市民の方が、「茅ヶ崎市のかかえる問題 Stop the ハコモノ行政! 」など、市長の進めるハコモノ行政の弊害について書いてくれました。分かりやすいと人気の記事になりました。 (このブログにも載せています。) 今…

ホノルルウィークの茅ヶ崎 命の現場での約束 市長は守らない

ホノルル姉妹都市調印の翌日の事故 2014年10月24日、ホノルルで調印式が行われ、茅ヶ崎市はホノルル市の28番目の姉妹都市になりました。しかし、その翌日の早朝、ワイキキ海岸で茅ヶ崎副市長のサーフィン中の死亡事故が起こってしまい、その後、記…

公務で『JAL サクララウンジ』使えるなんてうらやましい! ホノルル・茅ヶ崎議会協定

JAL羽田国際線にあるサクララウンジ (特別待合室)利用するにはハイグレードなステイタスが必要なラウンジです。JAL国際線 - 羽田空港「サクララウンジ」リニューアル 凄いですね!公務でサクララウンジ使えるなんて! さて、 この度、ハワイ・ホノルル市議…

茅ヶ崎市議会「新湘風クラブ」は公約違反に敬意を表するのですか?

茅ケ崎市議会会派「新湘風クラブ」会派通信(4月22日)より「新湘風クラブ」会派通信 | 茅ヶ崎 | タウンニュース 中核都市移行について 服部市長の施政方針の中で「平成30年を目標に中核市に移行する」とした件については、財政面や人材確保、制度改正等の…

パブコメの軽視を指示した県の職員 茅ヶ崎ゴルフ場の基本方針

オンブズマンによる茅ヶ崎ゴルフ場「協議録」の公開請求 茅ヶ崎ゴルフ場について、神奈川県と茅ヶ崎市と茅ヶ崎協同の3者によって話し合いがすすめられていますが、いったい何がどう話合われているのか、皆さん知っていますか?そのような重要で肝心なことは…

茅ヶ崎ゴルフ場(広域避難場所)で「お散歩 & 撮影会」

2016年 3/27(日)・28(月)ともに15:30 茅ヶ崎ゴルフ場クラブハウス集合 16:00 ゴルフ場内に入って散歩 & 撮影 実際に茅ヶ崎ゴルフ場に入って、見て、歩いてもらうことで、 ゴルフ場の緑や広域避難場所としての存在を感じてほしい!とい…

市長の進める「茅ヶ崎市ハコモノ行政」の弊害

その1「違法とされた有識者会議」 平成27年12月に茅ヶ崎市監査委員は、 「国道134号線の活性化に関する有識者会議」は地方自治法に違反する、との判断をくだしました。その理由は、この会議は意見をまとめて、これを市に提案したからです。市に提案…

ご存知ですか?茅ヶ崎市議会について

市議会の議員数はどのように決まるのでしょう? じつは、国が人口によって議員数の上限を決めていて、ほとんどの地方自治体は上限の議員数を採用しています。茅ヶ崎市も上限の30人でしたが、議会改革を求める声に対応するため昨年2名減らし、28人にしま…

3者合意の無効を求める「ちがさき市民オンブズマン」の要望書 県の財産経営課と市長からの回答

民主主義に反する3者合意 地方自治法第2条では *地方公共団体は、法律に違反してその事務を処理してはならない *前項の規定に違反して行った地方公共団体の行為は、これを無効とする と定めています。茅ヶ崎市監査委員から「違法に設置された会議」と判…

質問書への市長からの回答 フジテレビ「みんなのニュース」で報道 

市長の発言の真意を確かめる質問書 昨年12月4日 、フジテレビ 『みんなのニュース』で報道された 広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」が開発される問題と、茅ヶ崎市のクラスター火災。 ご覧になった方も多いと思います。 フジテレビのニュース報道の中…

「ちがさき市民オンブズマン」から「茅ヶ崎市議会議長」あて 質問状と回答

なぜ、議会は違法な会議を見過ごしてきたのか? 現在、茅ヶ崎市では「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」のように、違法に設置された会議で堂々と基本計画が策定され、実行されています。 このような会議が次々と設置されるのは、行政への「議会…

ちがさき市民オンブズマンが、黒岩県知事に提出した要望書

茅ヶ崎市は違法な会議で作った「基本計画」を、住民の声として県に提出しました。 違法な計画にもとづいた3者合意は無効であり、民主主義に反したものとして、県知事に白紙を求める要望書です。 平成28年1月11日 神奈川県知事 黒岩祐治 殿 ちがさき市…

いったいどれぐらいあるの?茅ヶ崎市が条例に違反して作った会議

「地方自治法に違反した会議」という判断 平成27年12月11日、 市が要綱で設置した「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」について、茅ケ崎市監査委員は、「本来は条例に基づく設置が必要で地方自治法に違反する」との監査結果を公表しました…

緊急告知! 茅ヶ崎住人に知らされていない事実です

違法な会議による「茅ヶ崎ゴルフ場の利活用の基本計画」 どんな内容で話されているのかは、いっさい住民に知らせず、都合の良い有識者会議を開いて素案を決め、それをもとに本案を作ってしまう・・・これが今の茅ヶ崎市のやり方です。 12月11日「134…

フジテレビ「みんなのニュース」市長への質問状「茅ヶ崎ゴルフ場」広域避難場所 

フジテレビで報道された「茅ヶ崎ゴルフ場」 昨年12月4日 、フジテレビ 『みんなのニュース』の特集で 茅ヶ崎市のクラスター火災と、広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」が開発される問題、が報道されました。みなさん、ご覧になられたでしょうか?大地…

住民監査請求の目的「134号沿線の活性化に関する有識者会議」 

要綱設置の会議では違法の判断 「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」について、 12月11日に、茅ヶ崎市監査委員は、会議は違法であるという結果を公表し、同日に記者発表も行われました。また、神奈川新聞に報道記事が掲載されて、Yahoo!ニュ…

「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」は違法 住民監査請求

茅ヶ崎市監査委員が違法の判断 ちがさきオンブズマンが11月11日に発足した時、すでに住民監査請求中 だった「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」について、12月11日に茅ヶ崎市監査委員は、会議は違法であるという結果を公表し、 同日記者…

情報公開のできない茅ヶ崎市 自治基本条例の違反

市民に知られなければいい? いちばん重要なこと。 それは市民と行政が「情報を共有」すること。 それは、市民が市政に参加できること。 情報を知らなければ、参加もできません。「茅ヶ崎市民参加条例」も施行されて、「重要な施策については、企画の段階か…

茅ヶ崎市のかかえる問題 Stop the ハコモノ行政! その2

Stop the ハコモノ行政! その1では、服部市長の進めている、ラッシュアワー的に増えるハコモノ建設が、実にさまざまな問題を抱えていることを解説してもらいました。その2では、前代未聞の大問題、大変なことになっている「茅ヶ崎ゴルフ場」の開発問題に…

茅ヶ崎市のかかえる問題 Stop the ハコモノ行政! その1

Stop the ハコモノ行政! 茅ヶ崎市政は服部市長4期目に入り、 さらに大きく、ハコモノ行政に舵を切りました。100億以上の税金を投入した市役所の建て替えのような、ハコモノ建設をさらに、ラッシュアワー的に増やしていくのです。このハコモノ行政は市政…

ホノルルに行く茅ヶ崎市議員の予算 あきれた内訳 

手みやげ代まで入っている予算 平成27年度、「ホノルルに9名分の議員が派遣される」ことになっています。 茅ヶ崎市議会議員がホノルルに行く予算は、413万8000円。 議長が2回、議員7名が、ホノルルを訪問するための予算です。しかし、この予算の…

ちがさき市民オンブズマンの発足に寄せて

11月11日 ちがさきオンブズマン誕生 ★11月11日、茅ヶ崎市内のハスキーズギャラリーにおいて、 ちがさき市民オンブズマン発足会が開かれました。かながわ市民オンブズマン代表幹事の綾部氏、市民の方々、報道からは読売新聞、東京新聞、フジテレビなどが出席…

8万8千人の命を守る広域避難場所「茅ヶ崎ゴルフ場」を市民から取り上げないで!

これが「茅ヶ崎ゴルフ場」の事実です! ★市と茅ヶ崎協同が、いかに酷いかけひきを住民にしているか ★県がいかに茅ヶ崎住民の生命を軽視しているか ★何が本当のいきさつなのか これを読んでください! これが、すべてを説明する集大成です!www.change.org日…

市への「情報公開請求」は誰でもできます! 

小池都知事の発言によって、「情報共有」「説明責任」といった言葉がメディアをにぎわして、メジャーになっています。これは特別なことでなく、ここ茅ヶ崎市でも「自治基本条例」に、市政の基本3原則とされています。★情報共有(情報公開)・・・市民が市政…

ちがさき市民オンブズマンが誕生! 

2015年11月11日(水)ちがさき市民オンブズマンが誕生! オンブズマンって、少し変わった呼び名です。 実は、オンブズマンはスウェーデン語。★ombudsman市民オンブズマンは「市民の立場から行政や議会などを監視しよう」 という目的で活動する市民団体です。…