読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ心配してる場合じゃない!? 茅ケ崎市財政 (Part-2)

市長のハコモノ行政とは?

一気に回ってきたツケとしわ寄せ

前回の記事では、「ちがさき市民オンブズマン」が危機的な茅ヶ崎市の財政状況を、サラリーマン家庭に例えてみました。 

「ええ格好しい」のハコモノ市政のしわ寄せとツケが、ここに来て一気に市民にまわってきてしまった・・・、お金は底をついて、ないものはないんです・・・いったいどうするのでしょう? この先?・・・破産?


chigasaki-fika.hatenablog.jp

裕福なイメージ先行、実は最下位の財政・・・

茅ヶ崎市ほど、イメージばかりが先行している市もないんじゃないかと・・・

湘南という響きや、箱根駅伝で中継される海岸と松林と富士山の光景、加山雄三やサザンのイメージ・・・かつては、そういうイメージの土地でした。しかし、今や実際はどうなんでしょうか?

海岸側では、あまりの乱開発ぶりに、見切りをつけて出ていってしまった住民も多く、今や県下19市で最低レベルの「子供の医療費補助」、県下でワーストの「保育園の待機児童数」、「中学校の給食なし」、「街中の公園・みどり」も最下位レベル、藤沢に住めば良かった・・・といった声を、頻繁に聞くようになりました。


こういったイメージとの格差は、どこから生まれてきたのでしょう?


ひとつには、「茅ヶ崎市は裕福」という錯覚が、市民のあいだにも(県外にも)たいへん強いのではないでしょうか? 

そこで、みなさんに質問です。

「茅ヶ崎市の財政の豊かさは、県16市で、上、中、下のいずれに位置すると思いますか?」

(答えは記事の続きで)



茅ヶ崎市のイメージからの誤解

「県内16市の市民一人当たりの市税負担の状況」(平成25年度)というリストを見てみましょう。

市税とは、市民税(個人・法人)、固定資産税、軽自動車税、など「市民の皆さんが納めたお金」の合計です。

国や県からの地方交付税などの援助や、市債による借金をアテにせず、茅ヶ崎市が自前で得ることのできる税金収入を、人口で割ったもの。

一人当たりの金額が多いほど、市の財政状況は豊かという目安になります。


★さて、茅ヶ崎市は16市のうち、何位になるのでしょう?
(横浜市、川崎市、相模原市の人口50万以上の政令都市はのぞく16市。)


1位は、鎌倉市の196480円。
市税合計は349億(人口17.7万人)

2位は、藤沢市の195350円。
市税合計は822億(人口42万人)

3位は、厚木市の189620円。
市税合計は426億(人口22.4万人)

以上がトップ3です。

4位 南足柄市 169641円
5位 平塚市  166029円
6位 小田原市 165425円
7位 海老名市 162027円
8位 逗子市  160351円
9位 伊勢原市 158134円
10位 綾瀬市 153940円

11位 大和市 151335円
12位 茅ヶ崎市 145494円 
市税合計は349億(人口24万人)

13位 横須賀市 145050円
14位 秦野市 142081円 
15位 座間市 138149円
16位 三浦市 134120円 


茅ヶ崎市は16市で12位です。 


茅ヶ崎市は、大地震時に県で最大のクラスター延焼火災地域であることからも分かるように、夜間人口の多い住宅密集地。

市内に大企業が少なく、自前で確保できる税金収入は、イメージされているような豊かな市ではなく、むしろ12位と下位に位置しています。


f:id:Merimaa88:20170210140539j:plain
かつての茅ヶ崎のイメージ(貯金)を食いつぶした今・・・


もうひとつ、「県内16市の、市民一人当たりの一般会計歳出決算」(平成25年度)という資料があります。

歳出は、建設事業費、人件費(職員や議員の給料など)、施設の維持管理費、福祉や医療費、教育費、ごみ収集、防災、借金の返済、各種団体への補助金などに使われた税金額です。
 
これは、市が市民ひとり当たりにどれぐらいの税金を使えるのか、になります。
ひとりあたりの金額が多いほうが裕福な市になります。

茅ヶ崎市の順位を予想してみてください。


1位は、南足柄市 444877円 
(県内で人口は最小。市内に大企業が立地している。) 
2位は、逗子市 341844円  
3位は、三浦市 334165円

4位 厚木市   
5位 横須賀市
6位 小田原市
7位 平塚市 309756円
8位 鎌倉市 308823円
9位 綾瀬市
10位 藤沢市 291718円

11位 海老名市 
12位 伊勢原市
13位 座間市 
14位 大和市
15位 秦野市 265497円
16位 茅ヶ崎市 258060円 


何と、最下位です・・・


このイメージとの格差には、驚きました。
「茅ヶ崎市の財政の豊かさは、県16市で、上、中、下のなかで、きわめて下に位置する」ということになります。



市長からタップリ残される「負の遺産」

「茅ヶ崎市は豊かだ」という誤解は、市の財政に関心を持つ市民がいかに少ないかを示しています。

しかし、同時に財政状況の実態を語らず、財政は健全であると説明してきた、市や議員の責任は大きいのです。

お金がないならないで、それなりに知恵を使って立て直しを考えている市は、いくつもあります。 

ところが、茅ヶ崎市は財政が豊かでないにかかわらず、建設事業費、施設の維持管理費、各種団体への補助金や委託費に多額に、ジャボジャボと投入してるのです。

当然、福祉や児童医療費や給食や防災、みどりの豊かさや公園など、市民生活の質を上げていく最も必要な部分に税金がまわって来ません。

また、この先の若い世代に、巨額の維持管理費など「負の遺産」を服部市長からタップリと残されることにもなります。
 

次のPart-3では、茅ヶ崎市の危機的な財政について、さらに具体的に見ていきたいと思います。
 

chigasaki-fika.hatenablog.jp